寿司店経営|iphoneの動画で集客する① -静止画を動画にする方法ー

iphoneのアプリ、iMovieをつかって静止画を動画風に編集する方法

youtubeに動画をアップすることは、あなたの店を検索上位に乗じさせる上で益々重要になります。

調べたいことを検索した時に、動画のURLが上位に表示されているのを見たことがあると思います。

飲食店ではどうしても食べログとぐるナビが上位に表示されてしまいますが

小さな飲食店でも毎日せっせと動画をアップしていけば非常に強力なSEO対策になりますので

ぜひトライしてください。

動画はちょっとハードルが高い

アプリはiMovieを使います。500円程度です。

動画の編集ソフトなのですが

実際に店で動画を撮影してみるとわかりますが、視聴者が最後まで見てくれる動画を撮るには一定の力量が必要です。

1本2本ならなんとかなっても、毎日となると中々続きません。

そこで提案するのが、静止画(普通の写真)を動画風にアレンジしてアップしていく方法です。

写真を撮るだけならその気さえあればネタに困ることはありません。

その日に入った魚、野菜、産地のラベル、アルバイトの笑顔、落として壊した食器、閉店後の反省会の様子、なんでもカンでも写真に撮ってください。

許可をとってお客様の写真をアップするのもいいでしょう。

ポイントは一々判断せず「取り敢えず全て写真にとっておく」ことです。

そしてあまり動画の出来栄えを気にせず、1分程度の短い動画を「量産」することです。

グーグルの巡回ロボットはコンテンツの量を重視すると言われています。(食べログが常に1位なのはそれゆえです。)

フェイスブックの記事が単独で検索結果に出ないのは、フェイスブックは1記事で1枚のコンテンツと見なされているからです。

その点、あなたのお店のチャンネル(アカウント)に動画がどんどん貯まっていけば、グーグルのロボットはあなたのチャンネルを有料チャンネルと判断するのです。

難しくないので是非やってください。やり方を動画で説明します。

なお、アップロードするときに設定するタグやタイトルの作り方は

こちらの記事に書いてありますので合わせて読んでおいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA