アスケンライド GIANTEscapeAirで箱根超え!ブルべの練習にもなったぜ!その2

ある程度経験がある組と、ゆっくり走る組に分かれて朝7時にスタートしました。
今回石川さんは鎖骨の骨折で残念ながらDNSです。自転車の練習中飛び出してきたネコをよけようとして激しく転倒したそうです。
時速40㎞で走行中にニャンコ。。ガクブル(((゚Д゚)))です。
鎖骨は折ったけどヘルメットのお陰で元気にしています。ヘルメットはめちゃくちゃだったそうです。
みなさん、ちゃんとかぶりましょうね、ヘルメット。
写真は出発直前に健闘を誓う小野さんと桂島先生。カメラの後ろ姿は負傷棄権のイッシ‐さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ある程度経験がある組と、ゆっくり走る組に分かれて朝7時にスタートしました。
比較的ゆっくりしたペースなのはこの後に続く15㎞の上り坂を意識してのことでしょう。

 

途中、先頭の北田が道を間違えてしまい、みんなで自転車を担いで土手を登りました。

最初の方だtったからよかったけど、疲れ切った終盤戦だったら「フクロ」決定です(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湧き水で有名な柿田川湧水公園を抜け、伊豆半島を縦に走る136号線を超えると徐々に上り坂に入っていきます。
登りに入ると今までのワイワイ感が薄れ、各自が自分の身体と対話しながら自転車を進めていきます。
半年前まではこのくらいの坂でも息が上がって苦しかったのだけど
今はそれほどきつく感じません。アスケンライドやブルべで少しは鍛えられたのかな。
先頭の北田、小野さんから離され、ゆっくり登る田辺さんと日向端を盗撮してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中、田辺さんが転倒。上り坂で10㎞程度しか出ていなかったので
幸い大事には至らなかったです。動揺する田辺さんを放っておいて一息の日向端。「人のことなんざぁ構ってられん!」(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気持ちのいい空気と日差しの中、苦しい上り坂が延々と続きます。
喘ぎながらしばらく進むと、前を行っていた北田と小野さんが待っていてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モーリもやや息が上がってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真

定年を機に一念発起。茨城の取手から四国八十八か所を自転車でめぐる旅をしている方と知り合いました。

1ヵ月半かけて廻ったそうです。素敵な老後です。こんな方と現場で知り合えるのも自転車の醍醐味です。

モーリが指を4本出してるのは多分八十八か所をモチーフしているのでしょうがイマイチ意味が分かりません。

あ、ひょっとして四国だからか?それにしても写真がどれも白いです。

ホワイトバランスが崩れてるんですかね、ハードに使ってきたからそろそろ寿命かなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田辺さんが追いついてきました。

「イッヤーきついすぅ!!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し休んで再出発です。

気分はリフレッシュできましたが坂は終わりません。休憩をはさみながら頑張って登りましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真

左手首を「老人性手首痛い症」という謎の症状(笑)で痛めてる日向端は途中何度も手首を振りながら漕ぎ続けます。

手首が痛いと足がキツイのを忘れるから逆にいいかも!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コーナーを曲がっても曲がっても目の前に上り坂が現れます。もう誰も言葉も発しません・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱根まで4㎞!ようやく芦ノ湖が近づいていきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とにかく登りがしつこい。。

でももうあと少し!

で、やっと山頂が見えたそのとき!

気が緩んだのか激しく転倒してしまい、植え込みに頭から突っ込んでしまいました!

なぜかこの時だけモーリのカメラを持っていた日向端が連続で写真を撮っていてくれました!

「モーリさん、大丈夫ですか!!!!!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「モーリさん!!!?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「モーリさーん!!!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

凄惨な事故現場です。
いやー、幸いけがはなかったけど一歩間違えば危ない状況でした。

散乱した自転車とか手袋が事故の状況を物語っていますね。

みなさんも自転車の運転には気をつけてくださいね。

続きます。その3へ・・ふひひ(˶′◡‵˶)