店舗に勤めなくてもかなりのことはマスターできる

sikomi kohada7

ちょっと刺激が過ぎるタイトルでしょうか

「コハダの仕込み手順を言ってみて」
こんな質問を、コハダを仕込んだことがないスタッフに聞いたら、殆どの人はこう答えるでしょう
「まだ教わってないので知りません」

これを読んでいるみなさん、試しに「小肌 仕込み」で検索してみてください
グーグルなら0.2秒で68,000件ヒットします
写真つきで紹介しているサイトもバンバン出てくるし
youtube にも動画が出ています

コハダの仕込みを「知る」だけなら、いろんな職人の作法を瞬時に知ることができます

「鰈のから揚げ」はどうやって作りますか?
どのように盛り付けますか?
食べ方はどうしたら美味しいのでしょうか?

「習ってないからわからない」のではなく
興味がないから調べないのです
先ずは知ってみて、知識を持ってから実際に教われば
ゼロから教わるよりずっと早く身に付きます
当たり前だし、フツウはそうするハズなのにやらない・・。

こんな人がとても多いです
ネットからの情報だと侮ってはいけません
どんどん調べてください。
出来るようになるには実践が必要で、ネットを調べてもやれるようにはなりません。
ただ、それがまったくできない自分がいて、それをできるようになった方がいいのに
その情報に近づこうとしないのは勿体ないですよね

興味がないの?
出来るようになりたいよね?
そのためには先に知識が頭に入っててもいいよね?

「啐啄同時・そつたくどうじ」という言葉があります

卵の中のヒナが、卵から出ようと内側から殻をつつく
同時に親鳥が外側から殻をつついてヒナの誕生を助ける、ことを言います

堅い殻でも両方からアプローチすることで簡単に破ることができます
卵の中でモゾモゾと動いて「僕はがんばってる」と思い込んでいませんか。

本、ネット、美味しい料理屋やすし店

あなたを上達させるのは授業ではなくあなたの行動そのものなのです
(ただし、漫画は推奨しません。知らない人が読むと「事実と誇大表現」の境界が解らずキケンです)

どうなりたいかを明確に描き、それに足りないものを自分で考えて動いてください
待っていてはダメですよ。