クロマグロは脳に高性能な体内時計がある  

クロマグロは脳に高性能な体内時計がある
生まれた川に戻る鮭や渡り鳥、鳩の帰巣本能など
地図やコンパスを持たない動物たちがどうやって方角を察知しているかは
長年の研究の対象になっています。

おすしでお世話になっているマグロは、日本の南西諸島などで産卵し
身体が小さいうちは日本沿岸で過ごします。
この時期に漁獲される幼魚をヨコワと呼んで主に九州から紀伊半島で珍重されています。

その後遙かアメリカ大陸(まぁ彼らにとってはアメリカなんて概念はないのだけど)目指して
太平洋を8000㎞も旅するのです。
米国周辺で豊富な餌を得て身体を大きくし、再び産卵のために日本に戻ってきます。

クロマグロを上から観察すると、濃い青色で全体がおおわれているが頭の頂点辺りに1カ所だけ色が薄くなっている所があり、まるで円形脱毛症にかかったように見えます(写真)

 この穴の下には 松果体と呼ばれる視細胞があって明るさを感じることができるのだそうです。
松果体は体内時計の働きを持っていて、体内時計に太陽の光を届けるために頭の一部が薄くなっていると
いうわけです。
太平洋を横断するときには、太陽を目印にした太陽コンパスを使って航海していると思われ
太陽コンパスによる航海には正確な時刻を知ることが必要で、そのために松果体が発達していると考えられているそうです

太平洋横断するクロマグロ、脳内に高性能な時計  :日本経済新聞.

まぁ、理屈は理解できますけどね
「君に正確な時計をあげるから太陽コンパスで航海してアメリカ行ってね」と言われても
モーリーには絶対ムリだよな

昔の海の民は、例えばオリオン座の三つ並んだ星を結んだ線と水平線の角度を見て
正確な航路を割り出していたと、昔読んだ本に出ていたけど、彼らは人間だもんね

言葉を話さず(本当か?もしかしてなんか話してる?)道具も持たない(これはマグロに関しては間違いない)
彼らが、光の量を感知するだけで太平洋を自由に横断してしまう

百歩譲って時計だけで航海をするにしても
地球が丸くて
24時間で自転していて
太陽の周りを1年かけて1週して(季節によって太陽の角度が変わる)
代表的な海流情報くらいの前知識があってはじめて可能なわけで
マグロには多分太陽とか地球なんて概念すらないから
正確な時間がわかってもマグロにはあまり意味がないのではないかと思ってしまう

群れについて移動しているうちに、標識もない8000㎞の道のりを覚えちゃうとしたら
これはもう驚愕の記憶力としか言えないワケで
どっちにしても人間には到底真似できない能力を備えてることなります

まぁそれが本能というもので、人間だけがこの部分がどんどん退化していってるのかも知れないですね
ひょっとしたら彼らのほうが思ってるのかもしれない
葛西臨界水族園の円筒形水槽を泳ぎ続けるマグロたち、
横目て我々をチラ見しながら

「なぜあなた方人間はそんなにダメダメなのですか?」

とかねww