完全養殖のクロマグロ専門店が大阪に誕生

history

クロマグロと言えば言わずと知れたマグロの王様ですね。
現在では養殖のマグロが普通に出回っていることをご存知の方も多いと思います。

今朝のニュースで
大阪に「近大水産研究所」という名の養殖マグロ専門店が誕生したと伝えていました。
ぐるなびで調べたら(もうのってた!)
近大マグロ三昧(刺し盛りですね)が2800円(写真)と出ていて、クロマグロの赤身・中トロ・大トロと入っていてこの価格ならまずまずなのではないかと思ったのでした。
images (2)
このニュースには二つの大きな意味があって、その一つは

「養殖」を大々的に謳っていること。
近頃は大分少なくなったけど、養殖モノを毛嫌いする風潮はまだまだありますよね。
まぁ確かに天然の魚には得も言われぬ旨みがあって、もしどっちか選べと言われたら私は少々高くても天然を選んでしまうかもしれません。
ただ、近年の世界的な海産物の漁獲量減少をみると、もう「育てる漁業」に本格的にシフトしていかないと、本当に魚がいなくなってしまうのではないかと心配してしまいます。
その意味で、「自分たちで育てた魚を食べよう」と大きな声でメッセージを発することはとても大事なことなんじゃないかと思うわけです。

もう一つは
「完全」養殖。これ。
みなさん、ウナギが取れなくなっているのをご存知ですか。
モーリーはウナギはもう絶滅に向けてカウントダウンが始まっているのではないかと思っています。
ウナギも養殖はしてますが、それは「稚魚を取ってきて育てる」ていう方法をとっているのです。ウナギの稚魚は「シラスウナギ」ですね。日本でも各地の河口域で海から上ってくるシラスウナギを取ってきました。その漁獲は減少の一途です。
shirasu unagi
まぁグラフの提供元の水産総合研究センター(独立行政法人)ではウナギ資源減少の原因が乱獲によるものだとは言えない、と強気ですけどね。
乱獲が原因の一つなのは間違いないと思うのだけど・・。

話をマグロに戻しましょう。
完全養殖、とは「育てている魚が卵を産み、稚魚から成魚になり、産卵し・・」というサイクルが確立できた、ことを意味しているのです。つまり、自然界の資源は減少しません。
画期的なことです。今までは養殖とは言うもののウナギと同じ「蓄養」だったのです。
マグロの稚魚を乱獲して育てただけでは資源の減少に歯止めがかからない可能性があるわけです。

近大の担当者のインタビューによると
マグロはその生態がわかっていない部分が多く、これまでに大変な苦労があったとのこと。
特に大変だったのは、生まれたばかりのマグロちゃん、何の因果か養殖場の壁に激突して死んでしまうことを繰り返してきたことだそうです。
壁にクッションをつけたりして工夫を重ねてきた結果、
稚魚の生存率が3%に「上昇」した、っていうから、どれだけ全滅を繰り返してきたんだか・・・。初めての人工ふ化に成功してから実に30年以上が経過したことになります。

初期のころは、当然生き残ったマグロの価格は目ん玉が飛び出るほどカネがつぎ込まれていたってことでしょ。もう正月のすしざんまいの5000万マグロなんて可愛いもんだって状況だったはず。研究費5億円、成魚まで育ったマグロ2匹、とか(←モーリーの想像です)

これが今回民間向けにレストラン業態でマグロを提供できるようになったってことは
とりもなおさずそれでも(なんとか)採算がとれるレベルまで技術が確立されてきたってこと。
商売 ベースに乗ってきたってことなんです。快挙と言っていいのではないかと思うわけです。

私も実は10年くらい前に市場に出始めた蓄養マグロを買ったことがあって
その時はまな板と包丁は油でべたべた、味は養殖の脂臭さマンテンで「二度と買わない」と誓ったものでしたが、最近は餌の改良などでずいぶん天然に近い仕上がりになってきてます。

しかもこれが完全養殖なら本当に嬉しいことだと思います。
最近は餌を変えることで脂(トロ)の量を調節したり
育てた稚魚を海に放流して、成長してから捕獲に成功したりもしているそうです。

マグロの蓄養は海外でも盛んで、オーストラリア・スペイン・クロアチア・イタリア・トルコなど、日本にも盛んに輸入されていますが、完全養殖は世界でも日本だけとのこと。
一時は大学の経営を圧迫し、研究打ち切りの声も出たほど難産だったまぐろの完全養殖。
ここまで続けてこられた関係者の熱意に感謝と敬意を表しつつ
美味しいまぐろをいつまでも食べられるようにと、願ってやまない私なのでした。

んでは