まずは素直に受け取ってみよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今は情報が氾濫している時代です
魚のさばき方だって、その料理法だって
ネットを当たれば大抵は動画付きでアップしてくれてたりします

そして魚のさばき方も、調理方も
その地方や店の作法で随分と違うものです

今目の前の人が教えてくれていることに
「別のところでは違うことを言われた」とイチイチ反応する人がいますが
教えたことに全力で取り組んでくれるのか心配になります

このように過去や周りの情報に左右されて、今の目の前のことに集中できないことを
アスケンの小野和彦氏は「残骸がある」と表現しています。
残骸に邪魔されて成長できない、というわけです。

成長途上を自覚している方は
自己解釈をはさまず
言われたままにやってみることがすごく重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA