尊敬するプロ野球選手 宮本慎也 引退を表明 モーリーブログ

PK2013082702100049_size0

ヤクルトスワローズの宮本慎也選手が今季限りで引退を表明しました。
あ~あ・・・って感じです。

私は特段ご贔屓にしてるプロ野球チームというのはないのだけど
大学生のころ、プロ野球中継 のノムさんの解説を聞いて
その読みと洞察の深さに感銘を受け
そのノムさんが弱小ヤクルト(当時)の監督を引き受けたのをきっかけに
わりと注意して見始めたのがヤクルトだった。

宮本は当時全盛だったPL学園から同志社大学、プリンスホテルを経て
「守れる内野手が欲しい」との球団の意向でドラフト2位でヤクルト入り。
抜群の守備力で早くに一軍定着、その後の努力でバッティングも開花し
名実ともにヤクルトの中心選手になっていったのでした。

因みに私の母校日大三高とヤクルト球団は縁が深く
当時の球団社長田口周氏(故人)とノムさんの前の監督関根潤三氏
宮本選手が入団したころの守備コーチ大橋穣氏も三高の大先輩
野林君という後輩もポスト池山として当時ヤクルトに在籍していました。

当時は池山ブンブン丸や古田、高津に飯田哲也と
プロ野球選手なのにお笑いタレント顔負けの役者ぞろい。
弱小球団が3年で日本一になったというストーリー性や
バブル景気で日本中が沸き立っていた華やかな時代も後押しして
ヤクルトは巨人を凌駕しかねない人気球団となって行ったのでした。

そんな中宮本は常に冷静で温和な表情
対照的に華麗の一言に尽きる守備を見てモーリーは一人しびれていました。
うぉーーー!!!

またその優しい人柄も彼の大きな魅力の一つで
ヤクルトが日本一になったときのコメントでは
「両親は僕の野球を支えるのに必死で、そのために妹に随分つらい思いをさせた。少しは報いてあげられたかな」のようなことも言っていてホロっとしたものです。イーやつだ・・・。
皆が優勝ではしゃいでいるときでも
大事なことを忘れないでそれをコメントできるってすごい、素晴らしい人だと思ったものでした。

反面自分に対してはどこまでも厳しくあったのでしょう。

引退の記者会見で
「今は「楽しめ」ということをよく聞くが、僕はプロになって野球を楽しんだことはない。」
とコメントしていました。

だよな、そうじゃなきゃ40過ぎてゴールデングラブ賞とか守備率.997とかありえないよな。

プロ野球選手はだれも皆すごい選手なんだけど

彼のように「言葉」をきちんと使える「中心選手」はそんなに多くない気がする。

頭がいいと言ってしまえばそれまでなんだけど
それだけじゃなくて、やっぱりどこかで求道者のテイストを持っていて
プロ野球選手会長、WBCキャプテンと常にリーダーとしての活動を期待されるのは
彼のそんな「野球以外の尊敬すべき一面」をみんなが認めているからなんだと思う。

19年間お疲れさまでした。
残りの現役生活を、そろそろ「楽しんで」もいいのではないでしょうか。

あ、やっぱダメ。
あなたの守備をもう少し見たいので
現役の間は切れのある動きをお願いします。
宮本