飲食店開業っていくらあればできるのだろう モーリーブログ

open-2dan2honw

飲食に従事している方で、将来自分の店を持ちたいと思っている方は多いでしょう。
そんな方と話していて多いのが開業資金の不安ですね。
結局いくらあれば開業できるのか?

基本になるのが家賃です。
坪いくらで計算が始まります。
坪15,000円で10坪なら15万ですね。
これに保障金が10か月分で150万

火災保険や日割り家賃(その月の1日に入れば関係ないけど)
共益費、不動産会社に払う手数量1~2か月分

まぁその物件と、不動産屋によってずいぶん違ってはきます。

ここまでで170万前後(大体でいいです、物件次第ですんで)
これに造作費(まぁ内装ですね)居ぬきの場合はそれを譲渡してもらうための手数料なんかもかかる場合があります

で内装工事ですが、坪40万辺りで考えていいと思います。
色んなケースがあるのですが、水回りやガス設備の設置が大きなウェイトになります。
居ぬき物件などで厨房の位置を移したり
「素敵なお店」と言ってもらいたくて凝ったデザインや
高額な材料を使いすぎれば
坪60万なんてすぐいっちゃうかも。

さて、10坪ならざっと400万ですね。
ここまでで570万(大体ですよ、ケースによります)

これにガスレンジ、冷蔵庫、フライヤーなどの厨房機器
調理器具、食器、レジスター、ビールサーバ
さらに開店前のアルバイトの教育費用、
なんだかんだで総額1000万くらいすぐです

結構かかりますね
なので、ここまでの費用を出来るだけ低く抑えるのがポイントです
「店舗にカネをかけすぎない」がとても重要なのです

ここまでにかかった費用は、開業後の固定費を大きく左右するからです

1000万の出店費用を700万にすることができれば「勝ち」が見えます

政策金融公庫からの借り入れを考える方も多いでしょう
例えば500万を6年で返済、年利2%の場合、月に75,000円くらいの返済
これが300万なら、月に45,000円くらいの返済ですね、これも固定費。

利益の境界線(損益分岐点)は固定費÷利益率で大体出ます

原価率30%、固定費が150万円の店舗の損益分岐点は
150÷0.7=214万円です

固定費が100万円なら同じ計算で
143万円で利益がでることになります。