2014年春の選抜出場校を決める地方大会 東京都大会は10月12日土曜日から

2013年の選抜開会式
2013年の選抜開会式

秋ですね。秋なのに春の甲子園の写真

プロ野球はペナントレースが終わりクライマックスシリーズ
そして日本シリーズ(今年は10月26日開幕)へと進んでゆきます。
この時期、高校野球のファンにはもう一つの関心ごとがあります。
来年の選抜出場校を決める事実上の予選が各地で熱を帯びてくるからです。

事実上の予選、と書いたのは、選抜は夏の甲子園と違って
各都道府県の優勝校が出るのではなく、推薦で決められるものだからです。
詳しくはウィキペディアをどーぞ、長いけどね。

現在東京都の大会は予選トーナメントを終えて上位48校がきまり
今週の土曜日から本戦が始まります。
2013年東京都秋季高校野球大会組み合わせ表(PDF)

春の甲子園の予選が前年の秋に行われてるって知らない人
結構いるんですよね。

因みに私の時は(30年前?うそだろ?30年!!)
準決勝で岩倉高校に2-3で逆転負け。

9回1アウトまでは2-1で勝ってたんだよねー
当時は決勝に残った2チームが選抜に選ばれることが多くて
「あれ?もしかして・・このまま選抜?あと2アウトで甲子園!キターーー!」

と思ったら・・・キョイーン(当時の金属バットはそんな音でした)

ってレフトに同点ホームラン

2-2の同点のまま延長で1点取られて負けてしまったのでした(涙
神宮第二球場のレフトフェンスに突き刺さった打球と
フェンスの前で座り込むレフト四方田くん(1年後輩)の図は忘れられないですね

岩倉高校はそのまま東京都大会を優勝して選抜に出場
僅差のゲームをするすると勝ち進み
決勝でも当時絶頂の桑田清原のPL学園を破って初優勝してしまったのです

清原と対戦する岩倉のエース山口(現ヤクルトスコアラー兼バッティング投手)
84年の選抜決勝。清原と対戦する岩倉のエース山口(現ヤクルトスコアラー兼バッティング投手)

当時は大阪のPL学園と茨城の取手二高(木内監督、現常総学院監督)が
東西の両横綱と言われていて
岩倉高校は「ノーマークながらアレヨアレヨの栄冠」みたいに言われていたけど

なになに、ちゃんと実力のある強力チームでしたよ
なにしろ私がいる日大三高を破ったわけですからね

まぁあたしは学ラン着てベンチでスコアつけてましたけどね(文句ある?)

今年は息子がいる高校は予選で負けてしまったので
楽しみは母校日大三が勝ち上がるかどうかだけど
それ以外にも結構知り合いの息子さんとか、教え子がそれぞれの高校で
活躍してたりするので
時間作って観戦に行きたいと思います

来年春の甲子園をかけた熱戦の行方やいかに
お時間あれば応援に行ってみてはいかがでしょう。