走りきったぜ天下の嶮、函谷関もものならず~自転車で箱根!ニュートンの法則を考え続けた75㎞

秋も深まった11月23日、お世話になってるアスケンのみなさんと
箱根の山を自転車で激走してきました。

第三回アスケンライド「箱根ヒルクライム譚」の様子を記録しておきましょう。

アスケンライド 箱根ルート

メンバーはアスケン主宰の小野さん、宍戸さん
石川さん、北田くんとモーリーの5名

それぞれの愛車は小野さんと北田くんがロードバイク
宍戸さんはミニベロ
石川さんはマウンテンバイク(数年前のワールドカップモデルとか!)
モーリーはジャイアントのクロスバイクです

ライド会に出るのは2回目で
前回は荒川の土手を50㎞ほど走ったいわゆる
「慣らし」的なものだったんですね。

で、今回は古からの東海道の難所「ざ・はこね」
厳しい坂をみんなで登りきってガッツポーズしようってやつです。
朝8時に御殿場駅集合
前日に近くのスーパー銭湯に泊まった北田とモーリーは
睡眠十分、気力充実で集合場所に向かいます
イヤー、富士山がきれいだぁ。

IMG_2559

1420573_552022188210113_330815963_n

出発の前に
名物のSLの前でみんなで記念写真
「車間距離が短いとキケンだからね」と
小野さんのレクチャを受けて、9時にいよいよ出発です。
さぁがんばるぞ!

IMG_2568

最初の休憩地点「乙女峠」です。
ここまで約10㎞、延々と上り坂を上がってきました。

すでにモモは焼け
肺と心臓がノドから飛び出しそう

この先を思うと「う、、ウソでしょ…(ムリかも)」

でもまぁ、一応笑顔を作り北田と記念撮影
コイツめ!「まだ全然よゆーっす」だって。
モーリーは既にヤセガマン状態です。
富士山はきれい。

「富士山てこうやって写真撮るだけでも
パワーもらえるんだよ」と小野さん
へー、そうなんだ。。確かにそんな気がする。。

===================

乙女峠からすぐの所にトンネルがあって
これを抜けるとズーッと下り坂です。

また登るのかぁと思ってたモーリーは
ちょっと拍子抜け

そうか、峠って山ヘンに上下って書くだけあって
登りと下りの境目なんだよね。

助かったぁー下りは楽チーン(^O^)

そのまま強羅駅の下までひたすら下りました。
でも下りってずっと同じ姿勢で
ずっとブレーキかけっぱなし
なんか退屈だしちょっとコワい

小野さんも「オレ下りは結構嫌い」
うん分かるわかる。

着いたのは強羅駅の下。
地図画像のBとHの間くらいです。
ここで自転車じゃ登れない急な坂を
自転車を押しながら上がって強羅駅到着

強羅の駅前にて
強羅の駅前にて

======================--

 

IMG_2577

強羅駅近く、有名な「箱根ぎょうざセンター」さんでおやつタイム
店の外でポーズをとる小野さん(左)と石川さん

IMG_2584
最高にいい天気で気持ちいいけどすでにモーリーはグロッキー!?

 IMG_2587

出てきた餃子はこれ! ↑
皮がサクサク、他はトローリな感じの
他にないタイプの餃子でした。
美味しかった!
===========

強羅駅を後にして箱根湯本(地図D)までずっと下りです。
楽チーン、きもちいーと思ったのは最初だけ。

楽なのはいいけどさ
このまま電車で帰るワケじゃないから
降りてきた分登るんだよな

嫌な予感が…下りたくない…帰りたいー!

===========

IMG_2592

湯本ではこれも有名な「暁庵」さんでお蕎麦です
そば好きのモーリー、この後のハードワークも忘れて
「二枚盛り」です。

旨い…美味しい蕎麦って久しぶり
あぁ熱燗とセットなら幸せなのに…あと板ワサね。

 =================

で、食べたらすぐに出発です。
まて、食べたら休憩するんじゃないの?
おなか一杯なんですけど?

このまま上り坂なんてムリみたいですよ?
みなさーん?

念じても通じません。
行くしかないようです。
この後、本日最高の(最悪の?)
エンドレス登りが待っていました(地図D~E)

===================

IMG_2593
休憩した旧道の入口。水戸黄門とかの撮影で絶対使ってる!この道を自転車を担いで徒歩で登って行く女性がいました。上には上がいるもんだ・・・。

あんまりキツくて写真撮れなかったけど
厳しい上り坂を「心臓破り」とはよく言ったもんですね

後から調べたら
距離8.4㎞、高低差640m、平均斜度7.5%だって

「大したことなさそう…」って?
「いや実際大したことないだろ、この程度」って?

おだまり!!!

こっちゃマジで泣きそうだったんだっての。

本気でキツくて時々自転車をおりて
押しながら登り続けました
これもまた身体に響くんだよね

ハーハーゼーゼー言いながら頭の中はナゼか
「10㎏の重りを1m持ち上げるエネルギーは…とかあったよな
単位は…ニュートンだっけ?重力?加速度??」
とか考えてるんですね
現実逃避?

(もう死ぬ…)

「84㎏のモーリーを坂の上に押し上げるエネルギーは
推定60㎏の北田を押し上げるそれよりどれくらい大きいのかな…」

(あぁ死ぬ…)

滑車とか出てきたな
自転車ならギアとチェーンがそれかな
摩擦係数とかあったな

(心臓・・・とまるな・・・)

飛びそうになる意識の中で考え続けたけど
結論は「痩せなきゃダメだこりゃ」だったっけ?
登りきってお玉が池が見えたときは感動しました
写真撮っとけばよかったのになぁ

やっと試練が終わった…

============

で、芦ノ湖に到着
モーリー半死半生
お尻はズキズキのバッドコンディション

だけど、なんか胸の内に充実感とか
チーム意識が芽生えてる。

なんか熱い。

これって・・・恋?(イヤン♡)
=============

1481129_526385740785110_1544377984_n
芦ノ湖畔の箱根神社(の下の鳥居)で。水がきれい!北田に「この水飲むと不思議なパワーがつくんだよ」って言ったら「要らないです」だって

関所跡ではソフトクリームペろペろしながら
その頑丈な作りに
「一夫関に当たれば万夫も開くなし」って納得したり

IMG_2595

関所破りで逃げるオジサンに変身したりして
まぁ少しのんびりできたわけです。DSC00725

====================

でもこの時すでに日没間近…
再出発したころにはすでに日はとっぷりと暮れて

マジか?

11月の終わりに箱根の山を超えて帰るのに
防寒具も食糧も持たずに日没って…

普通ならちょっとアセる場面だけど
ヤバがってるのはモーリーだけで
みなさん慣れたもんなのね
アイフォンの頼りない地図と
自転車のライトを頼りに
真っ暗な湖畔の道を通り抜けてちゃんと国道に出ました

==========

それからまた登って登って漕いで漕いで

休憩入れてはまた登って

ついに乙女峠に戻ってきました!

やった!もうここからは下りだけだぁーー!
と思ったらこの夜景!

アスケンライド 乙女峠から

本当にうれしかった。

個人的にはここが一番のクライマックスだったかなぁ
身体にみるみる力が湧いてきて

「もう大丈夫、完走できる!オレは帰れるんだー」ってね。

「いくらなんでも大袈裟でしょ!」って?

おだまり!

大袈裟じゃねーっての!

=========

1481372_526385744118443_591380043_n

御殿場に戻ったのは19時半くらい
「走りきった充実感」と「二度とムリ」って気持ちが入り混じって
なんだかアヒャアヒャ言ってました。

最後にみんなで温泉入って
ビッグボーイでハンバーグ食べて
コンビニで眠眠打破飲んで車で帰ってきました。

この辺りの写真を誰もとってなかったのは
やっぱりみなさん疲れていたのでしょうね

モーリー始めての本格的ライドで
陰に日向に元気づけてくれた小野さん

自分もフラフラになりながらフォローしてくれた宍戸さん

急な上り坂を引き返してきて「ダイジョーブ?」って
聞いてくれたスーパーマン石川さん

苦しくても淡々と登り続ける小憎らしい北田!

みなさんありがとうございました
遅くてごめんなさいだったけど
すごくいい体験ができました

駐車場では「二度とムリ」と思ってたけど
今思うとちょっと自信が沸いてきたりしてます。

これもみなさんのおかげで走りきれたからですね!