ブルべの情報集めてたら、いつの間にかコーラについて調べてたのでメモ代わりに公開

visualブルべ、と言う自転車の競技があります。
順位を競わないので正確には競技ではないです。

レベルに応じて200㎞から600㎞を
それぞれの制限時間内に走りきる、と言うものです。

フランスが本部で、日本でも年間を通して各地で大会が開かれています。
実はこれに出たいと思っていて、その為の情報を集めています。

で、参加した方のウェブサイトを片っ端から見て
「フムフム・・」とか言いながら勉強してるんだけど
そこでふと気づいたわけです。

「休憩タイムにコーラを飲んでる人、多いぞ??」

コーラと言えば
骨が弱くなる、とか糖尿病になる、とか
太るとかいう、どちらかと言うとネガな言い方されること多いですね。
最近は
炭酸が胃を活性化してくれるから、身体を大きくしたい運動選手には
いい面もある、なんていうことも聞くけども。

で、600㎞だと40時間とかかけてゴールを目指すブルべ。
ある意味極限に近い環境で身体をいじめてる人たちが、コーラ。

うーん・・・なんでコーラ?
もしかして『自転車にはコーラ!』みたいな

自転車乗りの常識みたいな効能があるのか?

コーラ飲むと坂道が楽になる。とか

と思って調べ始めたら止まらなくなって色々分かりました。
なので

ブルべは置いておいてコーラの豆知識、まとめてみました。

===============-

コーラについて分かったこと

  • 1886年(明治19年)アトランタで薬剤師ジョージ・ペパートン博士が発明した。
  • 当時は年間9杯しか売れなかったが、今では世界200か国でなんと1日18億杯売れている。
  • 「コーラ」は商品名ではなく植物の名前。なので世界中に数えきれないほどの「コーラ」がある。「コカ・コーラ」は商品名。
  • そのレシピは長い間門外不出とされ、厳重に守られていた2011年ついにその神話が崩れて資料が公開された。

cola-recipe-74186

  • コカに含まれるカフェインはアルカロイドという化合物の仲間で、覚醒作用と解熱鎮痛作用があり、眠気・倦怠感・頭痛の緩和に効果がある医薬品だ。
  • ただし、コーラに含まれる高果糖コーンシロップは肝臓への負担が高い。

その砂糖の量はこんな感じ↓
6f390967

  • コーラに含まれるクエン酸がサビを落とす効果がある
  • コーラにはハーブが含まれているのでこれで身体を洗うと体臭を軽減してくれる

などなど。
ほんとかよ~っていうのもあるけどね。
そもそも覚醒作用ったって
「効いてるか効いてないかよく分からない程度の作用」
なのであって、コーラ飲むたびに眠気がすっきり取れたら
それは清涼飲料でなくてアブナイお薬です。

それにしても世界200ヶ国ってすごい。
2011年現在の国連加盟国が191ヶ国、非加盟のバチカンを入れると192、これに周辺国が認めたり認めなかったりの国(台湾とか北キプロス、北朝鮮も日本は認めてないよね)を入れるとほぼ全世界。

因みに2012年現在、コカ・コーラがが飲めない国はキューバと北朝鮮だけだそうです。言われるとなるほどと思う。

で、自転車競技ブルべ
マラソンやクロスカントリー、自転車など長時間運動を続けると
身体のエネルギーが枯渇して動けなくなってしまうことがあって
これを「ハンガーノックと症状」と言います。

通常意識はあって、手足のしびれや視界狭窄、脱力などで
ひどくなると走りながら意識を失って落車、生命の危険を伴うこともある。

運動強度が強い割に、疲労を感じにくい長距離自転車競技では
アマチュア選手でも結構な頻度で陥るくらい怖い症状なんですね。

アスケンの宍戸さんも富士山一周ライドでこれを体験。
通りかかった人にハチミツなどを分けてもらって
ようやく回復したというキケンな目にあってます。

ブルべに出るような人はこのことを良く知っていて
ハンガーノックになる前に意識的にカロリーを補給するわけですね。
そういう意味ではコーラのような糖分の多い物は格好のエネルギー補充食品ですね。

ただ通常、コーラのような糖分の高い物に対しては、
インスリンの働きも活発になって
逆に糖質の吸収が妨げられるそうで、
ハンガーノック寸前の緊急時に飲むものとしては
最適とは言えないんだそうです。

やはりエネルギーが付加されたスポーツドリンクやゼリー飲料のような
吸収性を考慮して開発されたものがいい、ということになりそうです。

まぁハンガーノックの症状が出る前におにぎりやパンなどの炭水化物を
こまめにとっておくのがベストなのだとか。

じゃあなんでブルべに出てる人はみなさん(でもないけど)コーラを飲んでるかと言うと

もうおわかりですね、アレでしょ、やっぱり・・・。

「スカっとさわやか!」

そりゃそうだよね!

分かる気がします!!