旬の生ガキ、美味し―よね!でも食べ過ぎにはご用心!ノロウィルスのはなし


Exif_JPEG_PICTURE
「カキに当たる」のはノロウィルスによるものとほぼ分かっています。

プリプリの生ガキ、ポン酢と紅葉おろし・・すだちを絞って・・美味しいですね~。

私は「緑のタバスコ」で食べるのが好きです。
美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが・・・。

ちょっと怖いレポートを見つけたので要点を紹介します。 

神戸大学病院の医師が学生のレポートをチェックしたのちに
ご自分のブログに転載したものです。以下要約

ノロウイルスは約10-100個と、比較的少ない量で感染します。
潜伏期間は通常約1~2日で、症状の持続期間は平均2~4日。
症状が出ない「不顕性感染」や症状消失後の1~2週間でもウイルス排出が続く。
つまり便にウィルスが混じって出てきます。

ノロウイルスは化学物質への安定性が大きいため、10ppmの塩素などでは死滅せず一般的な消毒等でウイルスを不活化することが難しい。このような特徴から、ノロウイルスはヒトーヒト感染や二次感染など感染拡大が起こりやすい。

平成24年の食中毒発生状況をみると
総数1,100件のうちノロウイルスによる食中毒が416件(37.8%)、
総患者数26,699名のうち17,632名(66.0%)を占めており、
病因物質別では事件数、患者数ともに第1位である。

一方、ノロウイルス食中毒で原因食物が特定された102件(結構すくないのね)のうち
二枚貝が41件(40.2%)を占めている。

ノロウイルスは本来カキなど二枚貝の体内には存在せず増殖もしないが、
下水処理施設等からの放流水を通して海を汚染し、
カキ体内で濃縮されるという汚染経路が実証されている。

築地市場などに入荷するカキは、オゾン殺菌された海水に1~2週間つけて
ウィルスの除去をしてあり、不要な温度上昇など、管理をずさんにしなければ
比較的安全だということになっています。

ですがレポートによると、これらの処理ではウィルスを除去しきれない可能性が高い、という結果がでています

また、現在の検査では、カキ1個当たりのウイルス量が125個以上存在しないと陽性と判定できません。

ノロウィルスは10個で感染する可能性があるわけだから、
「大丈夫、陰性です」とされたカキでもノロウイルス感染性を有する可能性があるわけ。

実際、市販のパック詰めむき身カキ157ロットを用いた調査では、市販生カキ全体のノロウイルス陽性率(総検体数に占める割合)は15.9%も!

生食用カキは12.9%、加熱加工用カキは24.4%であった。
生食用カキの方が加熱加工用より陽性率が低いとはいえ、約1割強からノロウイルスが検出されている。仮に、一食当たり生カキを100g喫食する(一般消費者の約6割の喫食量)とした場合、100gが生食用むき身カキ約5個分に相当すると考えると、

そのうちの1個弱はノロウィルス陽性の可能性がある
とも言えるのですね

昔から「生カキは5個以上食べるな」といわれてます。
生食用でも、安心して食べまくるとちょっと怖いかもしれないです。