自分の意見や価値観を持つことは大切なこと。でも大切な情報はちゃんと受け取ってください。そうしないと…。

10152515_10203518007816398_329086374_n

明日の実務経営意匠研究会(アスケン)は小野和彦の講義を聴き
夜は楽しく飲みながら気軽に相談に乗ってもらったりすることができる場です。

凄く大切な、重要な、思わず
「そうなんです!!」
とか
「そーーーだったのか!!」
と声が出ちゃいそうな情報が散りばめられたスゴイ場所です。

終わったときに軽いショック(と言っては大袈裟だけど)
大きく息を吐き出したくなる感覚を何度も味わってきました。

でも

情報ってその価値が分からない人には意味がないんだなと思うこともあります。
「絶対にアスケンを辞めてはいけない」人が辞めるてしまうときです。

勿論、様々な理由があってのことです。
それでも、ご本人にとっては、アスケンを退会するに足るいくつかの理由のうち一つは多分、「得られる情報に価値を見いだせないから」なのでしょう。

ある方はご自身のお店が上手く行かず、アスケンに参加されて
小野和彦に相談します。
経営を安定させる方法を具体的に聞いたにも関わらず
おそらくご自身の考えと違っていたからでしょう
行動に移すことができず
結局店を閉めてしまいました。

50年以上人生を積み重ねてきた方なので
人の意見を素直に聞くことができなかったのかもしれないですね。
でももったいないです。
料理はおいしい、場所もいい、だけど本人が変われない。

自分の意見やプランや価値観を持つことは大切なことです。
でも、それと「人の意見は聞かない」ことはイコールではないと思うのです。

新規に開業しようとしている方もいます
「飲食店なんて旨くて安くて立地がよければ儲かるんだよ」
と言って憚らない人には、それでも潰れてしまう店を1000軒以上見てきた小野和彦の
「それは違うんですよ」という意見が耳に入りません。
これがキケンなのです。

好立地は家賃が高いしライバルも多い。
そんなところで資本のない個人店が安くて旨い店をやることが
どれくらい理に適わないことなのか
アスケンで勉強していれば明確にわかるし
ではどうすればいいかもちゃんと答えが出ています。

アスケンにせっかく巡り会えたのに
いい方向に向かえない人はこのタイプの方です。
みなさん自信家で知識も豊富です。
で、「安くて旨い店」を開店してしまう・・・。

そして半年後、きびしい局面を迎えている・・・多いです。
本当に行き詰まったらだれも救ってあげられません。
とても悲しいことです。

アスケンには余力(精神的なものも含めて)があるうちにいらしてください。
そしてぜひ前向きに
小野和彦の経験と知識を吸収してほしいと思うのです。

そしてみんなで「明日の話」をしましょう!

アスケンの素晴らしさがわかる「先輩」(笑)からのお願いです(^O^)