まな板削り

鮨武のまな板は銀杏の一枚板です。店を作った時のカウンターの端っこを貰いました。

銀杏のまな板は適度に柔らかく、水に強く、抗菌力もあるのでまな板には最適です。

使ってるうちに包丁跡が付いてきて、その中に汚れが溜まり易くなるので、年に2回くらいまな板を削ります。

業者に出せば綺麗に仕上げてくれますが、私は自分で削ります。

カンナの刃を慎重に調整しながら、包丁跡がなくなるまで削れば終了です。

どうしてもカンナの跡が線になって残ってしまうのが残念なところ。