代々木上原 鮨武の新子

新子はコハダの稚魚です。鮨屋では新子とよびます。

毎年6月の半ばに初物がでて、8月には無くなります。

初物はキロ当たり10万円をこえるのがここ数年のお約束で、徐々に値が下がっていきます。動画は2018年の7月20日頃ですが、大分大きくなってきて扱いやすい時節のものですね。

で、新子。

初物は決まって静岡県の舞阪。舞阪とは漁協の名前で、場所は浜名湖です。

何故か浜名湖産とは言わず舞阪マイサカといいますね。

初期の新子の大きさはシッポから頭の先まで2㎝半ほど。

おろすとその半分程度の大きさです。

当然1匹ではお鮨にならないので4~6枚を少しずつずらしながら重ねて一貫のにぎりにします。

最高値のころでこれで原価で1000円位でしょうか。

知り合いの銀座の店では1貫4000円だそうです。

「なんでそんなに高いの?」

とよく聞かれます。簡単です。

「その値段で買う人がいるから」です。

『その価値があるか』

さぁ、いかがでしょうねぇ。

まぁ腕時計やクルマみたいなものと通じるんだと思います。

その価値があると思える人にはあり、対価を払える人は払う。

バカバカしいと思う人は手を出さず、欲しいとは思っても払えない人は目をそらす。

鮨武ではコースにお入れしますので一貫いくらは意味を持ちませんが

やはりこれを1年間楽しみにしていた人に笑顔になっていただきたく

せっせと精進するわけですね。

大変は大変なんだけど、新子。

何故かこの時期になるとちょっと気分が高揚します。

オレも鮨屋なんだなぁ・・・。